肥前杜氏の手造り純米酒

 地酒の店・酒仙境みつる

トップページ

 美酒の設計図  私の酒造り詩  商品紹介 酒仙境 ファンクラブ  プロフィール   佐賀LOVE


特別企画商品


プレミアム御中元のご案内

★2017・全国酒類コンクール
純米大吟醸・まぼろしの女王國
○純米吟醸・純米大吟醸部門 
第一位特賞!

   

プレミアム純米酒セット

ギフト箱入り
 
¥5,000-
 


ご注文・お問い合わせはこちら

日本酒ベースの梅酒セット


¥4,000-(ギフト箱入り)
ご注文・お問い合わせはこちら→







 

当店の地酒ギフトは、2,700円からございます。


この店の他のギフト商品はこち

ご注文・お問い合わせはこちら→



※ギフトは、「のし」や「ギフト包装」について詳細にお申し付けください。
  
 お申し付けなき場合は、そのまま発送致します。


※お支払金額は、代引きの場合、税込商品代+送料+代引手数料315円です。

ご送金の場合、税込商品代+送料です。



※ギフトの場合、依頼主様とお届け先様双方の情報が必要です。 













■商品紹介


商品価格は全て税込で表示しています

『誰にもこれからがある』について

 

 2011年3月、日本中を悲しみに包みこんだ東日本大震災は、

若いころ、宮城県の名酒蔵で杜氏修業をした私にとって、

とても辛いことでした。テレビに映し出される映像を茫然と

見つめるだけで、何もできませんでした。

 

 会社の人は仙台市内の方、蔵人は岩手県の方たちでした。

その方たちの安否と、これから日本はどうなるのかと

心配し悩みました。

 そして、出した答えは「これからは、真面目に真剣に酒を

造ること」それが人のため、日本の為になる唯一の仕事と

自分に言い聞かせました。

 

 丁度そのころ、地元DSから依頼された70%精白の純米酒

を造ることになり、本当は、もっと付加価値の高い酒を造り

たいのに、やむを得ず低価格の酒も造らなければならない

状況の中、これで利益があり人々が美味しいと喜んでくれる

なら、低価格の酒も造らなければと覚悟しました。

 

 酒ができてラベルを作るときも悩みました。そのころは

「これからは~」と覚悟を決めた酒造りをしており、ラベル

も『これから』とし、漢字の『己礼加良』を当てました。

 

 私は、高校の国語で習った夏目漱石の前期三部作の

『それから』で、主人公の代助が、「僕は一寸職業を探して

来る」というやいなや、日傘もささず、真上から照りつける

日差しの中、外へ出ました。

 代助は、飯田橋で電車に乗りました。「ああ動く。世の中が

動く」と周りの人に聞こえる声を出します。「代助は自分の

頭が焼け尽きるまで電車に乗って行こうと決心した」という

最後の行が忘れられません。

 

 漱石の「それから」をもじるのでは無く『己礼加良』も決し

て可笑しくは無いと思います。そして、飲んで下さる方が

「誰にもこれからがあると」思えるように、私の持つすべて

の技をこの酒に注ぎたいと思っています。

 


ご注文・お問い合わせはこちら→


ギフトの場合は、のしや包装、メッセージカードなど

詳細にお申し付けくださいませ。(無料)

熨斗(のし)ギフト包装について

商品紹介・通常商品は→

※当店の地酒ギフトは、2,700円からございます。









有田焼で作られた湯煎酒燗器


「燗すずめ」のご紹介


日本酒佐賀県酒造組合プロデュース  2,100円 



「美味しいお燗酒はむつかしい。」と、

お考えの方にご紹介いたします。

ポットのお湯を注ぐだけで簡単においしく日本酒をお燗できる。

佐賀有田焼・簡易酒燗器『燗すずめ』です。

お洒落な器は女性でも片手で持てる手軽な大きさ。

夏は氷を入れて、冷酒もお楽しみいただけます。


   

     
燗すずめは三つのパーツで構成。    すずめの口ばしに似た雀猪口 


特別企画・有田焼酒燗器セット




     
己礼加良セット¥3,300-  雨後青山セット¥3,400-  雨後の青山セット¥3,600- 
当店でお燗にして最も美味しい酒は、
「これから」です。
お燗はもちろん、冷やしても
美味しい「雨後青山」 です。
「雨後の青山」は、全国日本酒コンクール、
日本名門酒会ともに第一位、
 全国日本酒コンクール 第二位。




 
2017春季全国酒類コンクールの結果


【最近の受賞歴】

 ★全国酒類コンクール29年度2冠

○純米吟醸・純米大吟醸部門 
第一位特賞!

○吟醸・大吟醸部門 
第一位特賞!

○純米酒・特別純米酒部門 第三位!

      



このコンクールは、日本の権威あるコンクールとして第38回を重ね、全日本国際酒類振興会が主催する民間最大のコンクールです。

審査会は去る320日より22日まで、審査員は国際的にも実績のある元醸造試験所長、鑑定官室長、醸造・発酵研究者により講評採点される。

        




有田焼の酒燗器「燗すずめ」は、贈り物にも大変喜ばれています。



3点を重ねて収納できるので場所をとらず、

部屋のインテリアとしても楽しめます。



熨斗(のし)ギフト包装についてはこちら



     


ご注文・お問い合わせはこちら→




大好評!日本酒ベースの梅酒はこちら→











※今年度ひやおろしのご案内
26年度の『ひやおろし』は8月下旬頃にご案内いたします。
     

山青き、水清きふるさと有田郷!

松尾酒造場が蔵を構える大木宿は、江戸時代の面影を今に残す。

かっては、佐賀県ナンバーワン、福岡国税局管内でもトップクラス。

名醸蔵だった・・・。

できることなら、この蔵を元の姿に戻したい。

一心不乱に

それが皆の願い・・・

この蔵の酒は、昨年から大きく変わった。

そして二年目。

その旨みたっぷりの 円熟の味をそのままお届けします




 
   
雨上がりの翌朝は幻想的な雲海に  厳寒に蒸米をさらす  特A地区に指定された岳の棚田 



ありがとうございます




ご注文・お問い合わせはこちら→


熨斗(のし)ギフト包装についてはこちら



トップページへ戻る