肥前杜氏の手造り純米酒

 地酒の店・酒仙境みつる

トップページ

 美酒の設計図  私の酒造り詩  商品紹介 酒仙境 ファンクラブ  プロフィール 


 

はじめに

 酒造りを深く考えると、そこには農業や林業、水、森林といったものがひとつのつながりのなかで、それぞれの役割を果たしていることが分かります。
 米は注文をすれば入ってくるもの、水はバルブを開ければ出てくるものという今までの私の考え方では、とても人の心を感動させる美酒は醸し出せないと思うようになりました。それは国際化の波と無関係ではありません。

 1964年、木材の自由化により安い外材が入ってきて、日本の林業は成りたたなくなり、大部分の山村は荒廃の渦中にあるといわれています。
そして、今は米の自由化で私たちは同じ轍を踏もうとしています。
 このようにして林業や農業が追い詰められることになれば、私たちは安全な食料を失うばかりでなく水も緑も失うことになるのです。なぜなら、日本の水は森林や水田によって生み出され、その水田は米づくりのために農業者と林業者によって開かれました。そして、その米づくりに必要な水を確保するために人々は森林を育ててきたのです。

 私は、自分たちの作った米で国酒をつくるという誇りのためには、どうしても、まず第一に林業と農業を守ることを考え、どうしたら林業をもりたてることができるか、いかにしたら農家の皆さんが生き生きとして米づくりに精を出すことができるかを考えねばなりません。

 名水を守り、米を守り、酒を醸し、美酒を賞でることは、日本の食文化を継承することでもあります。その伝統と世界にも誇り得る文化遺産を背景にしながら、21世紀に豊かな食文化を花開かせるために、酒造りも農業の一分野という視点にたたされています。


ページ上部へ戻る


新着情報

 ・平成22酒造年度の酒造りを動画にまとめて貰いました。YouTube - 光が見える・・ 2011・5・29

 ・2011春季全国酒類コンクール【大吟醸部門】「松浦一」は 第一位グランプリを受賞しました。 2011・5・1
YouTube - 日本一の酒飲んでみました 
 


・飲酒は二十歳になってから。
・お酒はおいしく適量に。
・飲酒運転は絶対にやめましょう。
・妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に
 影響する恐れがありますので、気をつけましょう。
   〒847−1525
佐賀県唐津市肥前町納所辛957番地
tel/fax: 0955-54-1361
e-mail: inoue@ugonoseizan.com
site: http://www.ugonoseizan.com/